あなたの仕事は大丈夫?AIにより10年後に無くなる職業ランキング

今回は10年後に消える可能性のある職業ランキングを紹介していこうと思います。

テクノロジーの急速な進歩とAIの発展は、私たちの日常生活や職場に大きな変化をもたらしています。

10年後、一部の職種は消滅するか、劇的に変化することが予想されます。

この記事では、今後10年で消滅の危機に瀕している仕事をいくつか取り上げ、それらの職種に従事する方々が将来に備えるための対策をご紹介します。

あなたの仕事は大丈夫?AIにより10年後に無くなる職業ランキング

ある企業の倉庫ではIAの導入により様々な作業が自動化されています。

  • 積み下ろし
  • 搬送
  • 梱包
  • 後片付け

その結果、以前は8時間かかっていた作業が僅か15分で済むようになりました。

これにより企業はさらなる作業効率とサービスの向上を目指せる上に、人件費も約90%削減できるそうです。

こういった自動化の流れは企業側にはメリットとなりますが、その反面、作業員と呼ばれる人々の仕事はどんどんと減っていきます。

さっきの話で単純に人件費が90%削減できるということはほとんどの作業員がいなくなるってことですからね。

あなたの仕事はどうでしょうか?

今自分がやっている仕事をロボットがやる、そんな事がもう現実に始まっているんです。

自分の将来が不安な方は一度世の中の流れを確認してみることをオススメします。

第11位:薬剤師

薬剤師が無くなる理由

自動ディスペンシングシステムの普及

薬剤の調剤や管理を行う自動ディスペンシングシステムが普及しており、これにより薬剤師が行っていた業務が自動化されることが増えています。

これにより、薬剤師の需要が減少する可能性があります。

電子処方箋の普及

電子処方箋が広く普及することで、薬剤師が行っていた処方箋の確認や薬の説明などの業務が減少することが予想されます。

また、患者がオンラインで処方箋を送信し、自宅に薬を配送するサービスも増えており、薬剤師が直接対応する機会が減る可能性があります。

対策

スキルセットの拡充

薬剤師は、自身のスキルセットを拡充し、より専門性の高い業務に対応できるようにすることが重要です。

例えば、特殊な疾患や高齢者の薬物療法に関する知識を深めることで、専門性の高いサービスを提供できるようになります。

患者とのコミュニケーション力の向上

患者とのコミュニケーション力を向上させることで、薬剤師としての価値を高めることができます。

患者の不安や疑問に対応する能力や、薬物療法に関するアドバイスを適切に提供できるようになることが重要です。

デジタル技術の習得

薬剤師は、デジタル技術を活用することで、業務の効率化や自動化に対抗することができます。

例えば、電子処方箋の管理やオンラインカウンセリング、テレファーマシーの活用など、デジタル技術を駆使した業務を習得しましょう。

医薬品管理や在庫管理の最適化

データ分析やAI技術を活用して、医薬品管理や在庫管理を最適化することが重要です。

これにより、無駄なコスト削減や効率的なサービス提供が可能となり、薬剤師の役割が維持されるでしょう。

チーム医療への参画

薬剤師は、チーム医療に積極的に参画することで、医師や看護師と連携して患者のケアに貢献できます。

薬物療法の専門家として、他の医療従事者と協力して最適な治療を提供することが求められます。

コンサルティング業務の拡大

薬剤師は、薬物療法や医薬品管理に関するコンサルティング業務を行うことで、新たな価値を提供することができます。

医療機関や介護施設、企業などに対して専門的なアドバイスやサポートを提供することで、より幅広いニーズに対応できるようになります。

第10位:教員

教員が無くなる理由

オンライン教育の普及

インターネットの発展により、オンライン教育が急速に普及しています。

オンライン教育は、伝統的な対面式の授業よりも柔軟でコスト効率が高いため、教育機関がオンライン教育にシフトすることで、一部の教員の需要が減少する可能性があります。

人工知能(AI)と機械学習の活用

AIや機械学習技術の進化により、教育分野でも自動化や効率化が進んでいます。

例えば、個別指導や授業の進行、学習支援などがAIによって行われるようになると、教員の業務範囲が狭まる可能性があります。

対策

デジタルスキルの習得

教員は、オンライン教育やデジタル技術に対応できるよう、デジタルスキルを習得すべきです。

例えば、オンライン授業の運営方法やデジタル教材の作成、オンラインコミュニケーションスキルの向上などが有益です。

個別指導や対人スキルの強化

オンライン教育やAI技術がまだ十分にカバーできない、個別指導や対人スキルを強化することで、教員は自身の価値を維持・向上させることができます。

生徒一人ひとりのニーズや学習スタイルに対応した指導法を習得し、生徒とのコミュニケーションや関係構築を重視することが求められます。

継続的な学習とスキルアップ

技術革新が続く現代では、継続的な学習を通じて自分のスキルや知識を更新し続けることが重要です。

業界の最新トレンドや技術動向に注意を払い、自分の専門分野に関連する資格や研修プログラムに積極的に参加することが求められます。

多様な教育手法の開発

教員は、従来の教育手法に固執せず、多様な教育手法を開発・導入することで、自身の価値を高めることができます。

例えば、プロジェクトベースの学習や学際的なアプローチ、ゲームや体験型の学習など、生徒が積極的に関与できるような新しい教育手法を取り入れましょう。

学習者のニーズに対応したカリキュラム設計

教員は、生徒の多様なニーズや学習スタイルに対応したカリキュラムを設計することで、教育の質を向上させることができます。

生徒の関心や強みを引き出し、個々の学習目標に応じた指導を行うことで、生徒の学習意欲や成果を高めることが可能です。

第9位:介護職

介護職が無くなる理由

ロボット技術の発展

ロボット技術が進化し、介護ロボットやアシストロボットが普及することで、介護職における一部の業務が自動化される可能性があります。

これにより、介護職の人件費や人手不足の問題が緩和される一方で、一部の介護職の需要が減少することが予想されます。

AI技術の活用

AI技術の発展により、介護現場でのコミュニケーションや医療管理など、一部の業務が効率化されることが期待されています。

AIを活用したサービスが普及することで、介護職の業務範囲が狭まる可能性があります。

対策

スキルの多様化

介護職は、新しい技術やサービスに対応できるよう、スキルの多様化を目指すべきです。

例えば、リハビリテーションや看護、栄養管理など、他の専門分野に関する知識や技術を習得することで、自身の価値を高めることができます。

ロボット技術やAI技術の習得

介護ロボットやAI技術が普及することを見越して、それらの技術や操作方法に関する知識を身につけることが重要です。

これにより、技術革新に適応し、自分の業務に役立てることができます。

人間らしさの強化

ロボットやAIにはまだ及ばない、人間ならではの感情や共感力を活かすことで、介護職の価値を維持・向上させることができます。

対話力やリスニングスキルを鍛えることで、利用者との関係構築や心のケアを強化できます。

また、人間関係やチームワークを重視することで、他の介護職や専門家と連携し、より質の高いサービスを提供することが可能になります。

継続的な学習とスキルアップ

技術革新が続く現代では、継続的な学習を通じて自分のスキルや知識を更新し続けることが重要です。

業界の最新トレンドや技術動向に注意を払い、自分の専門分野に関連する資格や研修プログラムに積極的に参加することが求められます。

ネットワーキングと人間関係の強化

介護職にとって、同業界や他産業の人々とのネットワーキングがキャリア発展に役立ちます。

業界団体や職業訓練機関、地域のネットワーキングイベントに参加し、自分の知識やスキルを共有し合うことで、新たなチャンスやアイデアを見つけることができます。

第8位:クリエイター(デザイナー・アーティスト・音楽家など)

クリエイターが無くなる理由

AIの進化

AI技術の発展により、デザイン、音楽、記事などの創作物をAIが生成することが可能になっています。

これにより、クリエイターの仕事がAIに取って代わられる恐れがあります。

クリエイティブプラットフォームの普及

オンライン上のクリエイティブプラットフォームが増えることで、素人やアマチュアが手軽に作品を公開・販売できるようになっています。

この結果、プロのクリエイターの市場価値が低下する可能性があります。

対策

個性や独自性の追求

AIが作成できる作品には限界があり、独自の感性や視点を持つクリエイターの作品は依然として価値があります。

個性や独自性を追求し、他者と差別化された作品を作り続けることが重要です。

テクノロジーへの適応

AIやデジタル技術を自分の作品に取り入れ、新しい表現方法を開拓することで、市場価値を維持・向上させることができます。

例えば、VRやARを活用したアート作品や、AIを用いた音楽制作などが考えられます。

クリエイターのネットワーク構築

他のクリエイターや業界関係者とのネットワークを構築し、情報交換やコラボレーションを通じて、自分の市場価値を向上させることができます。

クリエイティブプラットフォームの活用

自身の作品をオンラインプラットフォームで販売・展示することで、自分の知名度を上げることができます。

また、プラットフォームを活用して自分のブランドやファンベースを構築することで、安定した収益源を確保することが可能になります。

継続的なスキルアップ

クリエイターは、自分のスキルや知識を常に向上させることで、競争力を維持することが重要です。

最新の技術やトレンドにキャッチアップし、独自のスタイルを磨くことで、市場での立ち位置を確保することができます。

ビジネススキルの習得

クリエイターは、ビジネススキルを身につけることで、自分の作品やサービスをより効果的に売り込むことができます。

マーケティングやブランディング、営業力を磨くことで、自分の作品の価値を最大限に引き出すことができるでしょう。

第7位:運送業・ドライバー

運送業・ドライバーが無くなる理由

自動運転技術の発展

自動運転技術が進化し、商用車やトラックの自動運転化が現実味を帯びてきています。

これにより、長距離輸送や一般道路での運送業務を自動運転車が担うことが増えることが予想されます。

ドローン配達の普及

ドローンを利用した配達サービスが広がりつつあり、小型の荷物や食品などを空中で効率的に運ぶことが可能になっています。

これにより、従来の配達員による手配や運搬が不要になるケースが増えるでしょう。

都市計画の変化

都市計画が変わり、バイクや自転車を利用した配達員が徐々に制限される可能性があります。

また、都市部でのコンパクトな生活スタイルが普及することで、個人向けの配達回数や量が減少する可能性もあります。

対策

新技術の習得

自動運転技術やドローン操作のスキルを習得し、これらの技術が普及する市場で競争力を持つことが重要です。

また、配達員やドライバーは、運送管理や物流管理などの関連業務に関心を持つことが有益です。

他産業へのキャリアシフト

配達員やドライバーは、自分のスキルや経験を活かして他の産業に転職を検討することも重要です。

例えば、運送や物流管理、倉庫管理、営業などの分野でのキャリアチャンスがあるでしょう。

また、デジタル技術やコンピューター関連のスキルを習得することで、IT業界など新たな分野への進出も可能です。

継続的な学習とスキルアップ

技術革新が続く現代では、継続的な学習を通じて自分のスキルや知識を更新し続けることが重要です。

業界の最新トレンドや技術動向に注意を払い、自分の専門分野に関連する資格や研修プログラムに積極的に参加することが求められます。

ネットワーキングと人間関係の強化

配達員やドライバーにとって、同業界や他産業の人々とのネットワーキングがキャリア発展に役立ちます。

業界団体や職業訓練機関、地域のネットワーキングイベントに参加し、自分の知識やスキルを共有し合うことで、新たなチャンスやアイデアを見つけることができます。

第6位:ライター

ライターが無くなる理由

AIによる文章生成の発展

AI技術の進化により、文章生成能力が向上しています。

これにより、多くの一般的な記事やコンテンツがAIによって生成されるようになり、ライターの需要が減少する可能性があります。

ソーシャルメディアの影響

ソーシャルメディアの普及により、情報の拡散が容易になっています。

これにより、記事やコンテンツの寿命が短くなり、ライターが生み出すコンテンツに対する需要が減少する可能性があります。

対策

スキルセットの拡充

ライターは、自身のスキルセットを拡充し、より専門性の高い業務に対応できるようにすることが重要です。

例えば、特定の業界や技術に関する知識を深めることで、専門性の高い記事やコンテンツを提供できるようになります。

ストーリーテリング能力の強化

AIが文章を生成する能力は向上していますが、感情やストーリー性を持った文章を書くことはまだ難しいです。

ライターは、ストーリーテリング能力を強化し、人間ならではの感情や体験を伝えるコンテンツを作成することが重要です。

デジタルマーケティングの習得

デジタルマーケティングやSEO(検索エンジン最適化)の知識を習得することで、ライターは効果的なコンテンツを提供し、より多くの読者に届けることができます。

これにより、ライターとしての価値を高めることができます。

多様なメディアへの展開

テキストだけでなく、動画やオーディオ、インタラクティブなコンテンツなど、多様なメディアへの展開を考えることで、ライターはより幅広いニーズに対応できるようになります。

これにより、ライターとしての市場価値を維持・向上させることができます。

ニッチ分野の開拓

特定のニッチな分野やトピックに焦点を当てることで、ライターは競争が少ない分野で活躍することができます。

これにより、需要のある特殊な知識やスキルを持つライターとして、独自の価値を提供することが可能になります。

自分のブランド作り

SNSや個人ブログなどを活用して、自分のブランドを構築することが重要です。

自分の専門性や知識をアピールすることで、ライターとしての価値を高め、仕事の機会を増やすことができます。

第5位:製造業労働者

製造業労働者が無くなる理由

自動化の進展

工場や製造ラインでは、自動化技術がどんどん導入されています。

この技術は、製品の組立や検査、包装などの繰り返し作業を効率的に行うことができます。

結果として、人間の労働者が不要になる場合があります。

ロボット技術の発展

産業用ロボットがますます高度化し、複雑な作業を行うことができるようになっています。

これにより、単純労働だけでなく、高度なスキルを必要とする作業もロボットが担うことが増えてきています。

グローバル競争の激化

製造業はグローバルな競争が激しく、企業はコスト削減や効率向上を求められています。

その結果、労働コストの安い国への生産移転や、自動化・ロボット化による労働力の削減が進んでいます。

対策

スキルアップと再教育

製造業労働者は、技術や知識を向上させ、自動化やロボットに代替されにくい職種に転向することを検討すべきです。

例えば、ロボットの操作やメンテナンス、品質管理、生産管理などのスキルを習得することが有益です。

他産業へのキャリアシフト

製造業労働者は、自分のスキルや経験を活かして他の産業に転職を検討することも重要です。

例えば、建設業やエネルギー業界、輸送・物流業などの分野では、製造業で培った技能が役立つ場合があります。

また、デジタル技術やコンピューター関連のスキルを習得することで、IT業界など新たな分野にもキャリアチャンスが広がるでしょう。

継続的な学習とスキル更新

製造業労働者は、継続的な学習を通じて自分のスキルや知識を更新し続けることが重要です。

業界の最新トレンドや技術動向に注意を払い、自分の専門分野に関連する資格や研修プログラムに積極的に参加することが求められます。

ネットワーキングと人間関係の強化

製造業労働者にとって、同業界や他産業の人々とのネットワーキングがキャリア発展に役立ちます。

業界団体や職業訓練機関、地域のネットワーキングイベントに参加し、自分の知識やスキルを共有し合うことで、新たなチャンスやアイデアを見つけることができます。

第4位:警備員

警備員が無くなる理由

監視カメラやセンサー技術の進化

監視カメラやセンサー技術が進化し、より高精度で安全対策が可能になっています。

これらの技術が広まることで、人間の警備員が担っていた業務が自動化されることが増え、警備員の需要が減少する可能性があります。

ドローンやロボットによる警備

ドローンやロボットによる警備が現実のものになってきており、これらの技術が普及することで、警備員の業務が取って代わられる可能性があります。

ドローンやロボットは疲れることなく、広範囲を効率的に警備することができます。

対策

スキルセットの拡充

警備員は、自身のスキルセットを拡充し、より専門性の高い業務に対応できるようにすることが重要です。

例えば、犯罪対策やセキュリティ分析、危機管理などのスキルを身につけることで、自分の価値を高めることができます。

デジタル技術の習得

警備員は、新しいデジタル技術を活用することで、業務の効率化や自動化に対抗することができます。

例えば、監視カメラの映像解析やセンサーデータの管理、遠隔監視システムの操作など、デジタル技術を駆使した警備業務を習得しましょう。

人間らしさの強化

ロボットやAIにはまだまだ人間にしかできない対応があります。

警備員は、対人スキルやコミュニケーション能力を強化することで、人間ならではの付加価値を提供できるようになります。

例えば、人間の直感や状況判断力を駆使した警備や、現場での対応力、顧客や関係者との円滑なコミュニケーションが重要です。

継続的な教育とトレーニング

技術の進化に対応するためには、警備員も継続的に教育やトレーニングを受ける必要があります。

業界の最新動向やセキュリティ技術に関する知識を定期的にアップデートし、現場での対応力を向上させることが重要です。

ネットワークセキュリティへの展開

物理的な警備だけでなく、ネットワークセキュリティやサイバーセキュリティの分野にもスキルを広げることで、より幅広い需要に対応できるようになります。

これにより、警備員としての価値を維持し、技術の進化に適応することができます。

第3位:銀行窓口業務

銀行窓口業務が無くなる理由

オンラインバンキングの普及

インターネットの普及により、銀行サービスもオンライン化され、スマートフォンやパソコンから取引が可能になりました。

これにより、口座開設や振込、残高照会などの基本的な業務が窓口で行う必要がなくなりました。

ATMやキャッシュレス決済の拡大

現金自動預け払い機(ATM)やキャッシュレス決済サービスの普及によって、窓口での預金・引き出しや送金が減少しました。

また、消費者の間でキャッシュレス決済が広まることで、現金取引の需要も減少しています。

AIや自動化技術の進歩

顧客対応や照会業務などの一部がAIや自動化技術によって代替されつつあります。

例えば、AIチャットボットを利用したオンラインサポートや、自動応答システムによる電話対応が一般的になりつつあります。

対策

デジタルスキルの習得

デジタル化が進む中で、銀行員はITスキルやデータ分析スキルを習得することが求められます。

これにより、デジタルバンキングやオンラインサービスの運営・開発に携わることができます。

顧客対応力の向上

窓口業務が減少する一方で、複雑な問題や相談に対応する専門性が求められるようになります。

銀行員は、より高度なカスタマーサービススキルやコンサルティング能力を身につけることが重要です。

専門分野の拡大・深化

銀行業界は、個人向けローンや住宅ローン、法人向け融資など、多岐にわたるサービスを提供しています。

銀行員は、金融商品やサービスに関する専門知識を拡充し、顧客に対して適切なアドバイスやサポートを提供できるようになることが重要です。

また、資産運用やリスク管理などの専門的な知識も求められるでしょう。

他分野へのキャリアシフト

銀行員は、自分のスキルや経験を活かして他の分野に転職することも考慮すべきです。

例えば、フィンテック企業やデジタルマーケティング、データ分析などの分野では、金融や顧客対応の経験が価値あるスキルとして評価されます。

第2位:接客業・レジ打ち

接客業・レジ打ちが無くなる理由

セルフチェックアウトの普及

多くの小売店やスーパーマーケットでは、セルフチェックアウト機を導入することで効率化とコスト削減を図っています。

これにより、レジ打ちの仕事が減少する傾向があります。

無人店舗の増加

最先端技術を活用した無人店舗が増加しており、これらの店舗では従来の店舗販売員やレジ打ちの役割が不要になっています。

無人店舗は、顧客の利便性向上や労働コストの削減を目指しているため、今後も増えることが予想されます。

オンラインショッピングの台頭

インターネットの発展と普及により、オンラインショッピングが急速に普及しています。

この結果、対面での販売やレジ業務が減少し、従来の店舗販売員やレジ打ちの需要が低下しています。

対策

新技術の習得

店舗販売員やレジ打ちは、新しい販売方法や無人化技術に対応できるよう、デジタルスキルや新技術の習得を検討すべきです。

例えば、オンラインショッピングや無人店舗の運営に関する知識や技術を身につけることが有益です。

他産業へのキャリアシフト

自分のスキルや経験を活かして、他の産業に転職を検討することも重要です。

例えば、カスタマーサポート、マーケティング、営業、物流管理など、他の分野でのキャリアチャンスがあるでしょう。

継続的な学習とスキルアップ

技術革新が続く現代では、継続的な学習を通じて自分のスキルや知識を更新し続けることが重要です。

業界の最新トレンドや技術動向に注意を払い、自分の専門分野に関連する資格や研修プログラムに積極的に参加することが求められます。

ネットワーキングと人間関係の強化

店舗販売員やレジ打ちにとって、同業界や他産業の人々とのネットワーキングがキャリア発展に役立ちます。

業界団体や職業訓練機関、地域のネットワーキングイベントに参加し、自分の知識やスキルを共有し合うことで、新たなチャンスやアイデアを見つけることができます。

第1位:電話オペレーター

電話オペレーターが無くなる理由

自動音声応答システム(IVR)の普及

自動音声応答システム(IVR)は、電話での問い合わせや手続きを効率化する技術です。

IVRが普及することで、電話オペレーターによる対応が不要になり、その需要が減少することが予想されます。

AIチャットボットの進化

AIチャットボットは、顧客の質問にテキストや音声で対応する技術です。

AIが進化することで、チャットボットの対応能力が向上し、電話オペレーターの役割が脅かされることが予測されます。

オンラインサービスの普及

インターネットやスマートフォンの普及により、顧客がオンラインで手続きや問い合わせを済ませることが容易になっています。

これにより、電話での問い合わせが減少し、電話オペレーターの需要が下がることが予想されます。

対策

スキルセットの拡充

電話オペレーターは、新たなスキルや知識を身につけることで、他の職種への転職を考えることが重要です。

例えば、営業スキルや顧客対応力を向上させることで、営業やカスタマーサポートの分野に進出できる可能性があります。

デジタルコミュニケーションスキルの習得

電話オペレーターは、デジタルコミュニケーションスキル(メールやチャット対応など)を習得することで、顧客対応の幅を広げ、市場価値を向上させることができます。

ニッチ分野の開拓

特定の業界やサービスに特化した電話オペレーターとしての専門性を磨くことで、競争が少ない分野で活躍することができます。

例えば、高度な技術知識が必要なITサポートや、専門的な知識を必要とする金融サービスなどの分野で、独自の価値を提供することが可能になります。

人間らしさの強化

AIやチャットボットでは対応が難しい、人間の感情や共感力に訴える対応が求められる場面も存在します。

電話オペレーターは、こういった状況で優れた対応力を発揮し、顧客満足度を高めることで、市場価値を維持・向上させることができます。

リーダーシップの育成

電話オペレーターは、他のオペレーターやチャットボットのマネジメントスキルを身につけ、コールセンターのリーダーやマネージャーとして昇進することを目指すことができます。

これにより、消滅の危機から自分のキャリアを守ることが可能になります。

まとめ

技術の発展というものは我々常人の想像を遥かに超えたスピードで世の中を変えてしまいます。

自動化が進み、世の中が便利になっていく一方、今までとは違う自分の価値を見出さなくてはいけない時代が来たのかもしれませんね。

created by Rinker
¥1,540 (2024/06/23 00:26:46時点 楽天市場調べ-詳細)