【カロリーはお米の1/6!】話題のカリフラワーライスの作り方を紹介

どうもこんにちは、ふくです( ゚x゚)ノ

 

今回はお米の代わりに食べるダイエット食として大注目のカリフラワーライスの作り方やカリフラワーの魅力などを紹介したいと思います。

 

カリフラワーライスとは、その名の通りカリフラワーをお米の代わりにしたものです。

お米に見立ててカリフラワーライスを色々な料理に使うことで、カロリーや糖質を抑えるなどの『ダイエット効果』に加え、カリフラワーに含まれるビタミンCによる『美容効果』などが期待できます。

 

[speech_bubble type=”ln” subtype=”L1″ icon=”a-6.png” name=”Bちゃん”]肌荒れをなんとかしたい![/speech_bubble] [speech_bubble type=”ln” subtype=”L1″ icon=”a-4.png” name=”A君”]正月休みに食べ過ぎて太ってしまった体をなんとかしたい![/speech_bubble]

 

カリフラワーライスはこういったお悩みを抱えている人の強い味方になってくれるでしょう。

カロリーはお米の1/6!話題のカリフラワーライスの作り方を紹介

カリフラワーライスは手軽に作ることができます。

味付けには塩やコショウ、オリーブオイルで炒めても美味しく食べることができます。

カリフラワーライスの作り方

 

材料:カリフラワー1株

  1. カリフラワーをひと房ごとにばらします。
  2. ばらしたカリフラワーをフードプロセッサーにかけ、お米くらいの大きさにします。フードプロセッサーがない場合は、包丁などでみじん切りにしてください。
  3. 細かくなったカリフラワーを500Wの電子レンジで5分程度温めたら完成です。

 

※料理に使わなかった分は冷凍庫で保存してください。




カリフラワーはお米と比べて断然ヘルシー

カリフラワーライスの魅力といえばなんといってもお米と比べてとてもヘルシーなところですよね。

ダイエットをする時に重要となってくる糖質やカロリーがとても低いので、ダイエット食として非常に優れています。

 

100gあたりの比較

お米 カリフラワー
糖質 36.8g 3.1g
カロリー 168カロリー 28カロリー

カリフラワーの効果

カリフラワーには多くの栄養素が含まれており、ダイエット効果の他にも美容、ガン予防、便秘解消など体に良い効果がたくさんあります。

美白・美肌効果

カリフラワーに多く含まれるビタミンCには『シミ』『しわ』の原因となるメラニン色素の生成を抑制してくれる作用があります。

アンチエイジング効果・ガン予防

カリフラワーやブロッコリーなどのアブラナ科の植物には『イソチオシアネート』という成分が含まれており、この成分は体を老化させてしまう活性酸素を除去する効果があります。

また、イソチオシアネートには発がん物質の活性化を防ぐなどのガン予防にも効果があるとされています。

便秘解消・腸内環境の改善

カリフラワーには食物繊維が豊富に含まれており、便秘の解消や腸内環境の改善など、お腹に良い働きをしてくれます。

まとめ

カリフラワーライスは簡単に作れる上に体に良い栄養を手軽に摂取できるので非常にオススメの食べ方になります。

 

カリフラワーの旬は11~3月とこれからの季節にさらに美味しくなってくる野菜です。

旬の食材を使ったカリフラワーライスで美味しく健康的な食事をしましょう!